照明・2020年問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
蛍光灯

蛍光灯の替えが見つからない?

7年ほど前に蛍光灯のシーリングライトをご購入いただいたお客様より

「蛍光灯の替えが見つからない」とのお問合せ。

「ネットや電気屋さんで探せばあるんじゃないのかなぁ…」と思いつつ

ネット検索をするも、お客様の言う通り、お探しの蛍光灯が見つからない。

照明メーカーに確認すると、蛍光灯は生産終了との回答。

蛍光灯がいずれなくなるという認識はあったものの、それがいつからなのかは全く意識していなかったので、さっそく調べてみました。

2020年の水銀防止法によって水銀灯の生産に法的な規制が入ることを受けて、微量の水銀を含む蛍光灯もメーカーによる生産中止が発表されています。これまで家庭用や店舗用に広く利用されていた蛍光灯が生産終了となると、多くの事業者が照明の切り替えを行わなくてはなりません。——では、蛍光灯生産終了後はどの照明を利用すればよいのでしょうか。

環境問題と法的規制で水銀を使っている蛍光灯の生産が大幅に制限されることとなりました。完全に蛍光灯の生産が終了するわけでなないようですが、大手メーカーが国の方針に従い生産終了を発表しています。

蛍光灯の照明器具を使っている方は、年々、蛍光灯ランプの替えを入手するのが難しくなりますね。

照明器具はLEDへ

「まだ使えるのに照明器具を買い替えるのはもったいない!」というご意見もあるでしょう。

確かにそうですよね。

でも、蛍光灯ランプが手に入りにくくなることは確実です。なので、

ランプが切れた、年末の大掃除などをきっかけにLEDの照明器具にかえることをご検討いただくのがよいと思います。

LEDのシーリングライト、量販店などではかなりお安く手に入りますよ!

LED照明のメリット

消費電力が少ない

LED照明の代表的なメリットは、電気代が安くなることですよね。

LEDは蛍光灯の半分の消費電力と言われています。さらに家中の照明器具の消費電力は、冷蔵庫に次いで2位という資料もあります。

照明器具をLEDに変えると、電気代がお安くなりそうですね。

寿命が長い

LEDは、1日8時間使用して10年もつといわれています。

蛍光灯はいろいろな種類があるので単純な比較はできませんが、

10年ランプ交換の手間がないのは楽ですよね!

ちなみに、LEDは寿命がきても蛍光灯のように全く灯りがつかなくなることはないそうです。使用開始時と比べて70%くらいの明るさになった時が寿命だと思ってください。突然、LEDが点灯しなくなったときは器具か電気配線の不具合が考えられます。

虫が寄ってこない

LEDは蛍光灯と違い紫外線を発していないので、虫が寄ってこないといわれています。虫は紫外線に引き寄せられる習性があるようです。

コンビニなどの入り口の上に設置されている照明器具、見覚えありますよね?!虫を退治している照明器具です。あれはまさに紫外線で虫を集め高電圧で殺虫しているのです。

ただ、これに関しては私の経験上、絶対とは言えません。うちのLED照明、虫が入っていることあります。家の中に迷い込んだ虫は明るいところに行くんだなぁと思いました。

調色できる

LED照明は、1つの器具で複数の光色が切り替えできます。

主に電球色、温白色、昼白色の3色が、スイッチやリモコンで切り替えできます。

近頃では、Bluetooth対応機種やフルカラータイプで虹のように様々な色が出る器具も発売されています。

1つの照明器具がいろいろなシーンに対応してくれるので便利です。

例えば、リビングルームでお子さんが勉強するときは昼白色、夜、家族でリラックスするときには電球色に変えるなどの使い分けができます。

まとめ

2020年以降、蛍光灯が全く使えなくなるわけではなさそうですが、在庫が少なくなり手に入りにくくなることは間違いないでしょう。リビング、ダイニング、キッチンなど毎日、長い時間使用する場所からLEDに変えていくのがよいのではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モニターキャンペーン実施中!

整理収納アシストLiveWellでは、お片付けサービスのモニターキャンペーンを実施中です。

特別料金でお片付けサービスをご利用できるチャンスです。

これを機会に整理収納を体験してみてはいかがでしょう?


詳しくはこちら!

SNSでもご購読できます。